自分が生きた痕跡を残すために、ブログを始めてみた。

flower_yellow


こんにちは、稲村さえ(@sae_inamura)です。

本日、2017年7月6日(木)より、ブログを始めることにしました。

ここで、簡単にプロフィールを。
現在大学三年生、休学中。
中学生の頃に二度、計9か月ほど不登校だった期間があります。
原因はいじめ。

とはいえ、私はいじめ経験者の~とか、不登校経験者の~みたいな話をしようとブログを立ち上げたわけではありません。

自分の執筆の質を上げるため、そして執筆スピードを上げるため、さらに言えば、「自分の生きた痕跡を残すため」にブログを書きます。

今日、『君の膵臓を食べたい』という小説を読みました。
著者は住野よるさん。
テンポの良い会話ベースの軽い語り口に流されて、さらさらと読むことができました。
感想はまたまとめますが、何より印象深かったのは、登場人物のあるセリフです。

違うよ。偶然じゃない。私達は、皆、自分で選んでここに来たの。君と私がクラスが一緒だったのも、あの日病院にいたのも、偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの。私達は、自分の意思で出会ったんだよ

そうか、私たちは選んでここにいるんだ。
率直にそう思いました。

同時に、こうも思ったんです。
自ら選ばなければ何も得られないのではないか、と。

そこで、1つ、自分の意思で選んでみることにしました。
それが「ブログの開設」です。

どんな記事を書こうか、どんなテーマで進めていこうか、まだ何も決まっていませんが、書きながらじっくり考えてみようと思います。
このまっさらなキャンバスに、これからどんな色が重ねられているのか。
重なった先は、よどんだ色になってしまうのか、それとも見たこともないくらいすてきな色が咲くのか、どうぞ行く末を見守っていただけたら幸いです。

稲村さえ。