「STOP JKビジネス!」東京都の啓発活動は何が問題か

こんにちは、いなむらさえ(@sae_inamura)です。

皆さんは、「STOP JKビジネス!」という言葉を知っていますか?

これは、東京都が2017年6月から始めた、青少年の性的被害防止のための啓発活動にて、よく使われている言葉です。
いわゆる「キャッチコピー」のようなものでしょう。

まず、「JKビジネス」とはどういうものかといえば、売春・援助交際などをはじめとした「女子高生(JK)を性的対象とした商売」を指します。
JKお散歩、なんて言葉も随分メジャーになってきました。
ちなみに、売春などで捕まった場合、買われた女の子たちは処罰されますが、買った男性は処罰を受けません。
たとえ誘ったとしても、「そんなのこと知らない」で通ってしまうのが現状のようです。

しかし、言わずもがな女子高生たちを買っているのは大人であり、売っているのも大人です。女子高生たちはあくまで「商品」。

ほんどの女の子たちは、居場所がありません。家では親同士が不仲だったり、虐待やDVがあったり。経済的な事情などから学校にまともに通えていない子も少なくないでしょう。

そんな中、深夜に帰るあてもなくさ迷っていたら、声をかけられた。「あたたかい部屋で美味しいもの食べよう」。ついていった。抱きしめられた。愛してもらえるのかな、大切にしてもらえるのかな、と思った。

そんな女子高生たちを、誰が責められるのでしょうか?

お金のために自分から売ってるんだから仕方ない? ブランド品欲しさにやってるだけ?

ちゃんちゃらおかしい。

逃げ場のない女子高生たちを搾取しているのは、周りの大人たちです。

「STOP JKビジネス!」の何が問題なのかと言えば、「ダメ!絶対!」的なメッセージを発信している点です。

そんな「やった女の子が悪い」みたいな言い方されては、すでに巻き込まれている子たちは助けを求める声をあげられません。

それよりも、どこに助けを求めてればいいのか教えましょうよ。

売春に関わっている大人たちを取り締まりましょうよ。

あんなメッセージを都や警察が配信し続けているかぎり、女の子たちは絶対に救われません。

被害者に、助けの手を。

 

いなむらさえ

心療内科に行ってみたら「精神病」と診断された件。

flower_pink
こんにちは、いなむらさえ(@sae_inamura)です。

先日、地元の心療内科へ行ってまいりました。

心療内科へ行った理由

心療内科へ行ったのは、ここ数か月の体調不良(食欲不振、不眠、めまい、疲れがとれない等……)が主な要因です。
特に夜間の不安感がひどく、アルバイトや日々の生活にも支障が出てきてしまっていたため、今回心療内科へ行ってきました。

心療内科でやったこと

病院へ行くと、まず受付で看護師の方から問診票を受け取ります。
問診票には、「受診した理由(自分の意思か、誰かから勧められたのか、等)」「具体的な症状」「症状が出始めてから今までの経過」といった情報を記入していきます。

問診票を記入しながら当時のことを思い出し、手の震えが止まらなくなりながらもなんとかすべて書き込み、看護師さんへ提出。
その後数分して、検査室へと通されました。

体温、血圧、脈拍等を計測。
体温をはかる際に、てっきりあの脇に挟むヤツかと思ったのですが、おでこにレーザーのようなものを当ててはかる形式のものでした。
接触もなく、かかった時間も10秒弱。
便利な世の中になったものです……。

また数分待ち、今度は医師の方から呼ばれて診察に向かいます。
症状等のヒアリングを5分程度した後、「精神病」と診断されました。
現在はうつ病とまではいかないがこの先症状が悪化した場合にはもっと大きな精神科の病院を紹介するかもしれないこと、一朝一夕でどうにかなる問題ではないので継続して通院する必要があること、まずは漢方薬睡眠導入剤で様子を見ることなどの説明を受け、その日の診察は終了。
受付から会計まで、合計で30分弱ほどでした。

その後処方箋を受け取り、近くの薬局にて受付。
はじめて「おくすり手帳」をつくりました。
薬局では、他に何人かお客さんがいたのもあり、合計で40分ほど。

苦しかった時期のことを思い出してつらくもなりましたが、とりあえずは服薬で様子を見ようと思います。

結論:つらい人は、心療内科へ行ってみる価値あるよ

今の時代、うつ病心療内科、カウンセリングといったものはだいぶ身近になってきていますが、それでもやはり「弱い人がなるもの」「特別なこと」みたいな風潮は根強いです。
しかし、世間が思っているほどうつ病は特別なものではないし、心療内科にも、もっと気軽に行っていいと思います。

精神的なものだから、他の科よりも「合うお医者さん」を見つけるのは苦労するかもしれないけれど。その分、早いうちから見つけておいて損はないと思います。

つらい人は、なるべく早いうちに一度心療内科へ。
きっと、少し楽になりますよ。

いなむらさえ

『JKビジネス』について真剣に考えてみる。

こんにちは、いなむらさえ(@sae_inamura)です。

皆さんは、「JKビジネス」をご存知ですか?
JKビジネスとは、女子高生を性の対象として認識し消費すること、それを組織的に行うこと、その全体を指します。

先日、『JKビジネスのいま ー少女たちが「売らず」に生きていける社会にするためにー 』というトークイベントに行ってきました。

ゲストは仁藤夢乃さん。
居場所のない女子高生たちに対して、生活のサポートや相談対応を行っている『女子高生サポートセンターcolabo』の代表をしている方です。

お話の内容は、今の女子高生たちを取り巻く現状や、これからどうしたらいいのか、といったもの。
仁藤さんには初めてお会いしたのですが、想像していたよりもずっと可愛らしい方でした。
可愛らしくて、凛々しくて、かっこよかったです。

「JK」「メイド喫茶」……、
世の中にもう馴染んでいて、普通に使われる言葉たち。
でも、そこに元々込められていた意味合いや、以前の使われ方を知って、なんだか複雑な気持ちになりました。
テレビ番組では当たり前に「JK」という言葉が出てきます。
公的機関でも使われることは珍しくありません。

この世界が、すごくおぞましいもののように感じられました。

今、法律では、「売る女の子」が悪いという考え方が蔓延しています。
女の子は「商品」にされているだけなのに。
売る大人と買う大人がいるだけなのに。

東京都では、「STOP!JKビジネス」と称して、若い世代に人気の高い藤田ニコルさん(愛称:にこるん)が「JKビジネス、ダメ!絶対!」というような言葉と共に啓発活動がされています。

でも、「ダメ!」なんて言われたら、現状巻き込まれている女の子は声をあげられません。
だって、怒られちゃう。
受け入れてもらえない。
居場所がなくなっちゃう。ひとりになっちゃう。
そんなの、怖いですもん。

なぜ、買う大人を取り締まらないのですか?
なぜ、売る大人を取り締まらないのですか?

今回のイベント参加を通して、様々なことを考えました。
20歳の今、私には何ができるのか。
私たちには何ができるのか。
何をしなければいけないのか。
どうすれば助けられるのか。

私たちは、考えなければいけないのです。

いなむらさえ

七夕の短冊って、決意表明のためにあると思うんだ。

こんにちは、いなむらさえ(@sae_inamura)です。

今日は七夕、織姫さまと彦星さまが1年分の想いをのせてやっと再会を果たす日ですね。
現在はどんより曇り空ですが、無事2人は会えるのでしょうか。

七夕といえば、短冊に願いごとを書いて笹にかける、という慣習があります。

皆さんも、なにかお願いごとを書いて笹につるした経験はあるのではないでしょうか。
大人になった今は随分と疎遠になってしまったけれど、街をすこし歩いてみると、色とりどりの短冊で彩った笹がちらほらと散見できますね。

昨年は、友人同士で集まって例の行事をこなしました。
ですが、いざとなると願いごとがまったく浮かんでこない。
普段は欲に溢れているのに、お参りとか、短冊とか、クリスマスとかになった瞬間、途端に「わたしはほんとうは何が欲しいのか」と考え込んでしまうのです。
(お参りは本来神さまにお礼をして決意を伝えるためにあり、願いごとをする場ではない、というのを聞いたことがあります。でもお願いごとしようとしてしまうのは、強欲だからなのでしょうか。)

迷って迷って、結果「健康に1年を過ごせますように」なんてものになってしまうことがほとんど。
それも素敵なことだけれど、なんだかもったいないな、と感じてしまうのです。
きっとそれは、今のわたしが健康状態に満足しているから。

じゃあ、現状で満足していない部分が何なのかを考えてみると、「早く卒業して働きたい」とか「一人暮らししたい」とか、今のわたしではどうしようもない部分が多いんです。

さて、どうしましょう。

そう考えて、結局わたしは願いごとをするのを諦めました。
短冊のような「お願いごとをするイベント」の時には、「決意表明」をするようにしたのです。

だから今年の短冊には、
「ブログの更新を1日も欠かさずやります。」とか、
「デザインの勉強を今月中に始めます。」とか、
そういう言葉が並ぶのだと思います。

織姫さまと彦星さまは、せっかく愛し愛される人と会えるのだから、そんな時くらいはそっとしておかないといけませんね。
たいていの願いごとは、自分の実力で決まってしまうもの。
天へ向かって願う暇があるのなら、せっせと自分の力を磨こうではありませんか。

いなむらさえ。

ストレスに弱い人は、『ストレスを感じた時にすること』をリストアップしておくのがオススメ。

dog_hirune


こんにちは、いなむらさえ(@sae_inamura)です。

皆さんは、ストレス耐性は強いほうですか、弱いほうですか?
わたしは激よわです。弱い。ただただ弱い。

少しストレスを感じるとすぐ腹を下し頭痛を招き熱を出し、さらに迷惑なのは緊張状態だとそれに一切気が付かないこと。
忙しい時期を乗り越え休日を迎えたらすぐにバタンキュー、ということも珍しくありません。

せっかくの休日はすべて療養に消え去る。
回復したと思ったらまた忙しい日々。
落ち着いたと思ったらすぐに体調不良の嵐……。
そんな生活を繰り返すだなんて、イヤになってしまいますよね。
そんな生活を繰り返しているのが、わたしなわけです。

これをどうにか変えたいのですが、急にタスクを減らすことはできないし、ストレス耐性を急に向上させることもできません。
そこで思いついたのが、「ストレスを減らすリラックス術をあらかじめ準備しておく」ということです。
実践してみたら、あくまで所感ではありますが、ストレスによる負担を大幅に減らせるようになりました。
今回は、その実験レポートになります。

わたしのリラックス術


まずは、自分がリラックスできるであろう方法を思いつくかぎりリストアップしていきます。

  • お気に入りの香りのハンドクリームをぬる
  • 好きな手紙を読み返す
  • 大切な人へおくる手紙の内容を考える
  • イヤホンで好きな音楽を聴く
  • 友達とごはんを食べる
  • 一人になる
  • 布団に寝っ転がる(自宅限定)
  • ヒトカラに行ってシャウトする
  • 友達にLINEを送ってバカ話かコイバナをする
  • 蒸気のアイマスクを装着する(自宅限定)
  • ぼーっとする
  • ぬいぐるみを抱きしめる(自宅限定)
  • ことりのストラップをにぎにぎする
  • 読書をする
  • ネットサーフィンをする
「これやったらストレス解消できそう!」と思うものがあったら加えたり、効果が薄いように感じたら変えてみたり、試行錯誤しながらリストを作っています。
別に一度加えたからといってそれが必ずしもストレス解消に効果的というわけではないし、人の好みは日々変わっていくものだから、あんまりこだわっていません。

全体として、できるかぎり場所を選ばず道具を必要としないものをリストアップするようにしていますが、それを気にしすぎて数が少なくなってしまっては元も子もないですよね。
自宅でしかできなくても、道具が必要でも、それが効果的な手段なら、加えてしまっていいと思います。
実際わたしも加えてますし。

一番大切なのは、「ストレス解消しやすくすること」。
柔軟に、すすめていきましょう。

やってみて感じたこと

実際にやってみると、ほんとうに効果てきめん。
ストレスからくるイライラが減り、人に対しても以前よりやさしく接することができるようになってきました。

いざストレスがかかった時にこれらの対応策を選べるのはもちろんですが、それよりもまず、「リラックス術がある」という安心感がストレスを減らしてくれるんです。
お試しあれ。

いなむらさえ。

生きる理由を人にゆだねてはいけない。人生で一度はやってみたい100のことをリストアップしてみた

cat_01


こんにちは、いなむらさえ(@sae_inamura)です。

わたしは元来意思の低い人間なので、「生きるぞ!」という確固たる意志があるわけではありません。
しぬほうが生きるよりちょっと怖いからとりあえず呼吸しておこう、というくらいです。
だから、人生の路頭に迷ったりどうしようもなく苦しい状況に立たされたりすると、ふとその境界線を越えそうになってしまいます。

しかし、今の状況でしぬのは若干デメリットが多いのです。
そう思うくらいには、周りに大切な人がいて、傷つけたくないと思っています。
でも、そうやって「生きる理由を周りに求める」のは、危ういことではないかなぁ、と思うのです。

その人に裏切られたら?
その人から笑いものにされていたら?
その人とやり直せないくらい仲違いしてしまったら?

もしかしたら、それがトリガーになって、人生を終わりにしてしまうかもしれません。
けどそれこそ、無責任というものです。
わたしの人生はわたしのためにあるのであって、周りの人のために生きているわけではありません。
周りの人もその人のためにその人生があるのであって、わたしの支えになるために生きているわけではありません。

生きる理由くらい、自分で決めようじゃありませんか。
そんなわけで、「人生で一度はやってみたいことリスト」を作ってみました。

人生で一度はやってみたいことリスト



1. 本を出版する
2. ライティングのサロンを開く
3. 好きな人とたくさん一緒にいる
4. 滝の裏側に行く
5. 世界遺産を見に行く
6. 自分で車を運転して旅行する
7. ブログで月間10万PVを達成する
8. 浴衣を着て、好きな人とデートする
9. 自分の家でカクテルを10種類以上作れるようにする
10. 手作り雑貨を通販で売る
11. 1年間欠かさず日記を書く(2017/7/17開始。2018/7/17まで目標。)
12. 100万円貯金する
13. 47都道府県をまわる
14. 動物に関するボランティア活動に参加する
15. 1年で100冊の本を読む(2017/6/3開始。2017/7/17現在6冊。あと94冊。)
16. 自分だけのレシピ帳を作ってレパートリーを30個つくる
17. 都内に暮らす
18. 田舎暮らしをする
19. 下町に暮らす
20. 一人暮らしをする
21. シェアハウスに住む
22. 二人暮らしをする
23. Storys.jpで執筆する
24. 10回以上献血をして景品ゲット(2017/7/17現在3回献血済み。)
25. 鍾乳洞に行く
26. backnumberのライブに行く
27. 自宅で育てたハーブを料理に使う
28. 国家資格を取得する
29. 自分だけでサイトを作れるようになる
30. 誰かの結婚式に立ち合い、友人代表スピーチをする
31. 国立国会図書館に行く
32. 「いきつけのお店」をつくる
33. フェリーに乗ってイルカを生で見る
34. ジムに1年間通い続ける
35. 海外に行く
36. 海外で出会った人を日本に呼んで案内する
37. なんらかのメディアで取材を受ける
38. 不登校・いじめで悩む子供たちの相談に乗る活動をする
39. 満天の星を生で見る
40. 浅草寺のおみくじで大吉を引く
41. 星野源さんのライブに行く
42. 100種類以上の舞台を観に行く
43. 日本語のフォントを手作りする
44. メルマガを始める
45. Yahoo!トピックスとかに掲載される
46. 楽器をなにかしら弾けるようになる
47. 100種類以上のカクテルを飲む
48. スマホアプリを作る
49. 日本三大花火大会を全部見に行く
50. かわうそを撫でる
51. 保健所にいる犬猫を引き取る
52. 1年間毎日1ページでもいいから本を読む(2017/7/17開始。)
53. 木材から家具を作る
54. 100cm以上のぬいぐるみを買う
55. 格闘技を始める
56. きれいな字を書けるようになる
57. 左利きの人が生きやすくなるようななにかしらをする
58. 自宅で友達に料理をふるまう
59. 作家・有川浩さんにサインをもらう
60. 映画監督・山本文さんにファンレターを書く
61. 仁藤夢乃さんの話を直接生で聴く(2017/7/7達成。トークイベントに行き、JKビジネスについての話を伺いました。レポートブログはコチラ。)
62. キャンプファイヤーでプロジェクトを成功させる
63. 海外の子どもを一人でもいいから助ける
64. 10代女子を助ける活動に参加する
65. 竹林を生で見る
66. 三ヵ国語しゃべれるようになる(2017/7/17現在、中国語勉強中。)
67. 文通友達をつくる
68. 夜行バスに乗る
69. 青春18切符を使って旅行をする
70. テレビの視聴者観覧席に座って収録を見学する
71. 工場見学に行く
72. スヌーピーミュージアムに行く
73. ジブリ美術館に行く
74. 劇団四季の舞台を観に行く
75. アルティメット友達をつくる
76. 福井の恐竜博物館に行く
77. ご当地ラーメンを本場で10種類以上食べる
78. 絵本を書く
79. 点字のスキルを身につける
80. 手話ができるようになる
81. 数検準2級を取得する
82. ロジック雑誌の問題を全問解いて期限内に応募する
83. 長崎のハウステンボスに行く
84. 一ヶ月自炊をする
85. 腹筋を縦に割る
86. 10km、休まずに走れるようになる
87. 遺書を書く
88. テントで寝るくらいガチなキャンプをする
89. 魚釣りをして自分で釣った魚を自分で捌く
90. ダイビングをする
91. 乗馬体験
92. ディズニーリゾートのホテルに泊まる
93. 山頂で記念写真を撮る
94. 初日の出を見る
95. 江の島で生しらす丼を食べる
96. 天然氷のかき氷を食べる
97. 大阪で食い倒れる
98. ユニバーサルスタジオジャパンUSJ)に行く
99. 介助犬に関わる活動をする
100. 高校時代の恩師に直接お礼を伝える
101. ブログを使ってお金を稼ぐ
102. 祖母のお墓参りに行く
103. 高校時代に仲違いした友人と仲直りする
104. やりたいことを仕事にする
105. 高校時代の後輩に酒をおごる
106. 朝5時半起きの生活を一ヶ月続ける
107. 何があっても味方になりたい、と思えるくらいの友人を3人つくる
108. ブログを100記事ためる
109. 岩盤浴に行く
110. プロの人にマッサージをしてもらう
111. テニスを月2回くらいペースで再開する
112. 本に関わる仕事をする
113. 積ん読本を消化する
114. 自慢できるくらいの得意分野を一つ身につける
115. 着物を来て鎌倉を散歩する
116. 弱ったこころを元気にする
117. 下らないプライドを捨てる
118. 冬の星座を全部覚える
119. 1年間、部屋に花を飾り続ける
120. 動物と暮らす
121. レコーディングダイエットを成功させる (2017/7/17開始。3ヶ月で5kg減目標。)
122. ふくろうカフェに行く
123. 文房具カフェに行く
124. 離島で一週間過ごす
125. 47都道府県それぞれに知り合いをつくる
126. 「語彙力検定」を受験する
127. コーヒーメーカーを家に設置し、豆をゴリゴリと挽いて飲む
128. 池袋サンシャインのプラネタリウム「満天」を見に行く
129. サンシャイン水族館の「空飛ぶペンギン」を見る
130. 恋人とドライブデートに行く
131. プロスポーツ選手の試合を生で見る
132. 年賀状を12月25日までに出す
133. 庭のある家に住む
134. 雲海を生で見る
135. (個人的)すてきな日本語リストをつくる
136. 1か月1度も休まず仕事をする
137. 前屈で「ぺったん」できるようになる
138. 100歳まで生きる
139. ステンドグラス手作り体験をする
140. 劇団四季の舞台を観に行く
141. サクラダ・ファミリア(スペイン)を生で見る
142. プロの人にマニキュアを塗ってもらう

***

達成できたものは塗りつぶしていきます。
やりたいことが増えたら加筆していきますし、ゆっくりとでいいからやりたいことを1000個見つけらえたらなと思っています。

いなむらさえ。

自分が生きた痕跡を残すために、ブログを始めてみた。

flower_yellow


こんにちは、稲村さえ(@sae_inamura)です。

本日、2017年7月6日(木)より、ブログを始めることにしました。

ここで、簡単にプロフィールを。
現在大学三年生、休学中。
中学生の頃に二度、計9か月ほど不登校だった期間があります。
原因はいじめ。

とはいえ、私はいじめ経験者の~とか、不登校経験者の~みたいな話をしようとブログを立ち上げたわけではありません。

自分の執筆の質を上げるため、そして執筆スピードを上げるため、さらに言えば、「自分の生きた痕跡を残すため」にブログを書きます。

今日、『君の膵臓を食べたい』という小説を読みました。
著者は住野よるさん。
テンポの良い会話ベースの軽い語り口に流されて、さらさらと読むことができました。
感想はまたまとめますが、何より印象深かったのは、登場人物のあるセリフです。

違うよ。偶然じゃない。私達は、皆、自分で選んでここに来たの。君と私がクラスが一緒だったのも、あの日病院にいたのも、偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの。私達は、自分の意思で出会ったんだよ

そうか、私たちは選んでここにいるんだ。
率直にそう思いました。

同時に、こうも思ったんです。
自ら選ばなければ何も得られないのではないか、と。

そこで、1つ、自分の意思で選んでみることにしました。
それが「ブログの開設」です。

どんな記事を書こうか、どんなテーマで進めていこうか、まだ何も決まっていませんが、書きながらじっくり考えてみようと思います。
このまっさらなキャンバスに、これからどんな色が重ねられているのか。
重なった先は、よどんだ色になってしまうのか、それとも見たこともないくらいすてきな色が咲くのか、どうぞ行く末を見守っていただけたら幸いです。

稲村さえ。